>

歯列矯正は、いつから始めるといいのか

この記事をシェアする

悪い歯並びとは

反対咬合は、受け口とも呼ばれ、下の歯が上の歯の前に出て咬み合わせが反対になっています。
見た目、顎の関節への負担、歯の隅々まで磨くことが難しく奥歯に虫歯が生じやすく、サ行やタ行の発音が不明瞭になってしまうこともあります。
開咬は、オープンバイトとも呼ばれ、前歯の上と下がしっかりと噛み合っていない状態ですので食べ物を噛み切れないことがあります。
うまく発音できなかったり、咀嚼の負担から顎関節症のリスクが高くなります
上顎前突は、出っ歯とも呼ばれ、上の前歯が前に突き出て上顎全体が前方に傾いています。
口がぽかんと空いていることが多くなるため、見た目の問題だけでなく、口内が乾燥してしまうので虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
乱ぐい歯は、歯がデコボコな状態ですので、歯磨きがしにくくなり汚れを取りきるのが難しくなり、虫歯・歯周病になりやすくなってしまいます。

子供の時に矯正した方が良い理由

子供の滑舌が悪かったり、発音がスムーズにいかない場合、歯並びが原因ということもありますが、歯並びが良くなるとスムーズに発音がしやすくなることがあります。
歯並びが悪いと隙間やでこぼこができて歯磨きがしづらく食べ物も挟まりやすくなりますので虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯並びがよくなることで、歯磨きがしやすくなりお口の中を清潔に保ちやすくなります。
また歯並びにコンプレックスを持っていると思春期になると気になることもあります。
早めに矯正することで口元に自信をもつことができます。
噛み合わせが悪いと顎がゆがんだまま成長してしまうと顎や顔の輪郭が変形して非対称になることもあります。
顎がゆがむと全身に負荷をかけてしまう可能性もあります。
永久歯が生えそろったときに、歯をきれいに並べるスペースがなければ、抜歯が必要になります。
永久歯が正常な位置に生えることができると矯正期間が短くてすみます。


トップへもどる