いつから始めるのが正解?子どもの歯列矯正

子供の歯の矯正治療はいつから行うか

早期に矯正をするデメリット

歯列矯正の意識調査によると、子供の矯正治療に興味を持っている方は7割以上いらっしゃいます。
実際に良くない歯並びの割合6割程いらっしゃいますが、その半数以上の方が実際に治療を行っています。
進学や進級の時期に合わせて歯列矯正を考え、相談される方が増えています。
ただ小さい子供は矯正の装置をつけるのは嫌がります。
永久歯に生え変わる前から行う必要があるのでしょうか。
最近の子供達は、昔の子供達よりも小顔になり顎もその分小さくなっています。
歯の大きさは同じなのでその分乱くい歯などの不正咬合が多くなっています。
顎の骨が固くなる前に成長に合わせて広げてコントロールすることで歯のスペースを作ることで歯並びはよくなります。
成長の段階で治すことで大人になってからの手間や時間を省くことができます。
また、受け口や出っ歯、しゃくれのような反対咬合であったり、あごの曲がりなどは、歯の問題ではなく骨格に問題がある場合には、顔つきにも影響してきますし成長するにつれて目立ってきてしまいます。
子供の歯列矯正では、顎の発育を整える目的も兼ねています。
気になる場合には、歯科医師に相談してみましょう。
焦って歯列矯正を始めるのではなく歯科医師と相談しながら判断していきましょう。
全ての子供が早くから治療が必要というわけではありません。
顎や歯の状態を把握していくことが大切です。
では、歯列矯正はいつから始めたらいいのでしょうか、また費用もいくらなのか気になりますよね。

歯列矯正は、いつから始めるといいのか

子供の矯正は、親の意見が大きいため本人が嫌がることがあります。 矯正装置をつけるのは違和感がありますのでストレスを感じさせてしまうかもしれません。 また治療期間が長いので精神的にも負担になります。 矯正装置をつけると装置の間の汚れが取りにくくなるので注意が必要です。 期間中は丁寧な歯磨きが必要です。

歯列矯正の開始時期

子供の歯列矯正を始めるには、成長に合わせたふたつの開始時期があります。 乳歯が生え残っている3~12歳位までの第一期治療と永久歯が生え揃った12歳~中学生くらいまでの第二期治療に分かれます。 一期治療では、主に顎の骨格の矯正が行われ、二期治療では歯並びの矯正が中心となります。

歯科矯正の費用

成人の歯列矯正は、60~100万円、裏側矯正だと100~150万円かかるといわれています。 大人になって治療は可能ですが、骨の顎は固まっていますので抜歯が必要になったり外科手術が必要な場合もあります。 子供の矯正は、第一期治療で20~45万円、第二期治療で40~60万円で費用を抑えることができます。

おすすめリンク

渋谷でおすすめの医療脱毛クリニック

渋谷で医療脱毛を受けるならどこのクリニックに行けばいい?評判のいいクリニックをご紹介。

南青山の矯正歯科の特徴とは?

南青山では矯正歯科も一味違う?医院の雰囲気から治療内容までを細かくご紹介します。

池袋で目立たない矯正歯科

目立たない矯正なので矯正を知られたくない人におすすめ。池袋で目立たない矯正歯科とは。

座間でインプラント治療を受けるなら

座間でインプラント治療を受けるなら通いやすい歯科医院選びは必至の項目と言えるものです。

トップへもどる